ネタ作りな旅ブログ

2015年4月から海外長期旅行中、思ったこと、考えたことの記録。
いつか歳をとったときに、振り返るためのブログ。

マレーシア、総括

こんにちは。



私は未だマレーシアです。 



11日にマレーシアを出国して、インドネシアに行きますので、この辺でマレーシア総括をしておこうかなと思います。



今回、マレーシアの中で私が訪れたのは、



・クアラルンプール
・ジョージタウン(ペナン島)
・サイバージャヤ



でした。



マレーシアのイメージ、観光するところは、まあありますが、
とりたてて、ここ絶対行った方がいい!
みたいなところは少なくて、正直2週間くらいで良かったなという感じでした。



以下、マレーシアの良い点



1. 多民族国家という点 色んな国、地域の人たちが暮らしてるので色んな国、地域の 食事、宗教、文化、習慣 を感じることができます。 



本場のインドカレーも食べれるし、アラブ圏の本場のシーシャ、アラビック料理も安くで体験できる、少し歩くと、中華系の人しかいない屋台外で、マレー×中華料理も食べれます。
ここが本当にいいところです。



2. マレーシアを拠点にアジアをまわると航空券が安くなる。


マレーシアのクアラルンプール国際空港から飛んでる飛行機(特にアジア圏内)がめっちゃ安いです。


マレーシアのLCC、エアアジアを上手く使うと本当に安い。 



なので、私は、マレーシアのクアラルンプールを拠点にアジア圏内はまわっています。



どこに行くにしても比較的航空券は安いので、長くアジアを旅するときはマレーシアは便利だと感じました。



最後に、これはマレーシアだけではないですが、東南アジアに共通していることとして、



3. 人が優しい、おおらかであることです。


もちろん、一概には言えませんけど、(ぼったくりとかもありますので...)


私はマレーシア、特にペナン島では親切、優しい人にしか出会いませんでした。


オープンで、少々疲れるほどフレンドリーで、出会ったその日から、友達、家族のように接してくれて、日々感動でした。


私はマレーシアに来て、こういう体験をして、思ったことがあります。 



1人で旅行していると特に、 警戒心を強く持たなきゃいけない、
隙を見せると、スリにあったり、 ぼったくられたりする。


これは間違ってないですけど、 私は、逆なんじゃないかなと思いました。


最初から警戒心強めに接して、ぴりぴりするより、
会った瞬間から笑顔でフレンドリーに、接する方が、犯罪に巻き込まれる確率が下がるように思うのです。 



最初で相手と良い関係を一瞬で築けたら、相手も悪いことをしようと思わなくなるんじゃないかって。


思ってても罪悪感が相手の中に生まれると思うのです。



めでたい考え方だと自分でも思うし、こういうやつがぼったくられるんでしょうし、東南アジアという親日の国でしか通用しないとも思うんですけど。


でも、最初から警戒心丸出しだと、 お互い気持ちよくないと思うんです。
せっかくだから気持ちよくやりとりしたいじゃないですか。


これは時と場合によりますし、心の中では警戒心持って、いざという時は強気にでることが大事ですけど、
まだぼったくるかどうかもわからないような人に対して隙を見せないようにガード固くするより、私は最初から笑顔でフレンドリーに振る舞う方が気持ちがいいし、いい防犯になると思いました。







何度も読み返して投稿してるつもりなんですけど、後から見返すと私何が言いたかったんだろうと思う程 文章が下手で、読んでくれている人には申し訳ないです。



マレーシア記、これで以上です。 


 海外で働いている人に出会って、海外で働くことに関して、考えたこともあるので おいおい投稿していこうと思います。



以上です。



樹里

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。